病棟のご案内

一般病棟

内科の急性期疾患の治療、回復を目的とした病棟です。検査、手術が必要な患者様、肺炎、感染症、胃潰瘍など集中的な治療が必要な患者さまの入院する病棟です。

地域包括ケア病床

入院治療後、まだ容態の落ち着かない治療を必要とする方や、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまに対し、リハビリテーションや退院支援などを行う在宅復帰等へ向けた病棟です。

医療療養病棟

急性期をすぎ、病状が安定しているものの引き続き医療処置(酸素吸入、中心静脈栄養、頻回な痰の吸引、気管切開、癌による痛みのコントロール等)を必要とし、慢性期の患者さまが病院で長期療養を継続することによって在宅復帰を目指す病棟です。

介護療養病棟

介護保険による施設サービスのひとつで、医療サービスに重点を置いた長期療養施設です。症状が安定しているが、特別養護老人ホームや老人保健施設では入所困難な医療度の高い患者さまの入居施設です。